FXサバイバルくりっく365用語集 株式投資情報 12月11日

12月11日(火曜日)の株式投資情報です。(03時11分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



【銘柄フラッシュ】アイモバイルなど急伸しミライアルなど四半期好決算銘柄も高い
 12月10日は、日東工業<6651>(東1)が15.0%高となって東証1の値上がり率1位となり、いちよし証券が妥当値を200円引き上げて2400円に見直したと伝えられたほか、米国が華為技術や中興通訊などの製品の使用を制限する姿勢を示し、日本政府も通信機器などの「政府調達指針」を打ち出したと伝えられ、代替需要への期待が強まったとの見方も。 アイモバイル<6535>(東1)は第1四半期決算が好感されて朝方から買い気配のままストップ高の15.0%高に張りついて推移し、大引けでスト..

ソフトバンクの公開価格(売り出し価格)は1株1500円に決定
■12月19日に新規上場、所属市場は東証1部に決定 12月19日に新規上場となるソフトバンク(9434)は12月10日の取引終了後、「売出価格、国内外の売出株式数及びオーバーアロットメントによる売出しの売出株式数決定のお知らせ」を発表した。同時に、所属市場は東証1部に決定した。 公開価格(売り出し価格)は1株1500円。売出価格の決定に当たっては、仮条件(1株につき1500円)に基づいて個人投資家及び機関投資家を中心にブックビルディングを実施した。 引受人の買取引受けによる売..

【株式市場】米中関係の緊迫化が懸念され材料株など個々に動き日経平均は大幅反落
◆日経平均は2万1219円50銭(459円18銭安)、TOPIXは1589.81ポイント(30.64ポイント安)、出来高概算(東証1部)は13億8306万株 12月10日後場の東京株式市場は、引き続き米中関係の緊迫化を懸念する雰囲気が晴れず、日経平均はほぼ前引けの水準(487円45銭安の2万1191円23銭)で始まったまま小動きを続けた。中で、日立製作所<6501>(東1)は海外での原発事業を見直すと伝えられ、取引開始後に堅調転換。アイモバイル<6535>(東1)は四半期決算..

携帯通信ソフトバンクの公開価格きょう決定し相場圧迫の「出尽し」を期待、19日上場
■仮条件は1500円、2兆6000億円の資金吸収が気にされてきたが・・・・ ソフトバンクグループ<9984>(東1)は12月10日、後場も軟調なまま小動きを続け、14時30分にかけては3%安の8633円(296円安)前後となっている。12月19日に新規上場する携帯通信会社ソフトバンク(9434)が最近、大規模な通信障害を起こしたこと、次世代通信の技術開発などで協業する中国の通信機器の大手・華為技術(ファーウェイ)を巡り、その製品の使用を制限する姿勢を米国などが鮮明にしているこ..

日本テレホンが一時ストップ高、認知機能測定クラウドでの協業が注目される
■介護分野などへ「脳活バランサー」のトータルブレインケア社と共同展開 日本テレホン<9425>(JQS)は12月10日の11時を過ぎてから急伸し、一時ストップ高の724円(100円高)まで上げ、出来高が急増。後場も14時にかけて7%高の670円(46円高)前後で売買をこなしている。10日付で、認知機能の特性などを計測する「脳活バランサーCogEvo」とタブレット端末と通信回線のワンセットサービス開始を発表。急伸後も押し目買いが旺盛な様子だという。 発表によると、「脳活バランサ..

HEROZは株式2分割が好感され第2四半期決算も好調の見方で続伸
■12月末を基準日とする株式2分割を発表  HEROZ(ヒーローズ)<4382>(東マ)は12月10日、続伸基調となり、後場は13時30分を過ぎて15160円(660円高)前後で推移している。前週末取引日の7日、大引け後、第2四半期決算(2018年5〜10月)と12月末を基準日とする株式2分割を発表し、注目されている。 AIソフト開発などを展開し、5〜10月の業績は、前年同期間まで四半期財務諸表を作成していなかったため増減比較できないが、売上高は6.46億円となり、経常利益は..

グローバルダイニングが逆行高、業績回復が目立ち選別買いが集まる
■毎年12月末及び6月末の株主に5%割引の「株主優待証」を発行 グローバルダイニング<7625>(東2)は12月10日の後場、13時を過ぎて5%高の262円(12円高)前後で推移し、11月8日以来の260円台復帰となっている。7月に上期(2018年1〜6月)の決算見通しを増額修正し、12月通期の業績にも期待が強く、全体相場が再び大幅安となった中で選別買いが集まっている。 毎年12月末及び6月末現在の株主名簿に記録された500株以上所有の株主を対象に、15%割引の株主優待証を1..

【株式市場】日経平均は一時508円安となり米中緊張懸念や日本の「政府調達指針」巡る中国の抗議など気にされる
◆日経平均は2万1191円23銭(487円45銭安)、TOPIXは1587.87ポイント(32.58ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億1316万株 12月10日(月)の東京株式市場は、中国・華為技術(ファーウェイ)の幹部が北米大陸で逮捕された件を巡り、中国がカナダと米国に強く抗議し対抗策の用意を表明したと伝えられた上、日本に対しても、通信機器などの「政府調達指針」に抗議したと伝わり、株価指数の先物が先行安。日経平均は359円安で始まり、9時30分過ぎに508円72銭安..

Jトラスト:国内の債務保証残高と韓国・モンゴルの貸出残高が最高を更新
◆11月の月次動向 Jトラスト<8508>(東2)が前週末の12月7日に発表した11月の月次動向(月次データ推移・速報値)は、国内事業(日本金融事業)の債務保証残高が1930億円(前年同月比62.2%増加、前月比では5.0%の増加)となり、IFRS(国際会計基準)ベースで集計を開始した2017年7月以降、連続増加して最高額を更新した。 韓国およびモンゴル金融事業は、銀行業における貸出残高(JT親愛貯蓄銀行、JT貯蓄銀行)が3兆756億ウォン(前年同月比14.8%増加、前月比で..

日東工業が急伸、政府の通信機器「調達指針」を受け思惑広がる
■中国が「強烈に反対」と伝えられ、なおさら代替需要の期待が 日東工業<6651>(東1)は12月10日、急伸し、10時を回っては15%高の2062円(264円高)まで上げ、東証1部の値上がり率1位に踊り出た。電気機器や情報通信関連資材などを手がけ、米国が華為技術や中興通訊(ZTE)などの製品の使用を制限する姿勢を示し、日本政府も中国企業を念頭に「政府調達指針」を打ち出したと伝えられたため、代替需要への期待が強まったとの見方が出ている。トシン・グループ<2761>(JQS)など..

ベステラは第3四半期決算が好感されて大きく反発
■今期から連結開示に移行し推移は好調との見方 ベステラ<1433>(東1)は12月10日、大きく反発して始まり、取引開始後に9%高の1625円(134円高)まで上げ、3日ぶりに1600円台を回復した。プラント解体マネジメントなどを行い、12月7日の取引終了後、第3四半期の連結決算(2018年2〜10月累計)を発表し、連結財務諸表の作成はこの期からのため前年同期との比較は表記されていないが、推移は好調との見方が出ている。 今1月期の連結業績見通しは、去る9月に増額修正した数値を..

第一工業製薬は米中緊張の再燃と同時に動意を強めて3日続伸
■目標株価を3600円とする岡三証券の投資判断が伝えられる 第一工業製薬<4461>(東1)は12月10日、3日続伸基調で始まり、取引開始後に9%高の3145円(260円高)まで上げ、戻り高値に進んだ。工業用薬剤の大手で、12月6日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部が北米大陸で逮捕されたと伝えられてから動意を強めており、米国が中国の製品を制限する場合に代替需要が期待できるとの見方がある。 また、10日は、岡三証券が第一工業製薬の目標株価を3600円として投資..

日経平均は359円安で始まりNY株式の大幅安や米中関係の緊張など影響
 12月10日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が大幅反落模様の359円21銭安(2万1319円47銭)で始まった。前週末のNYダウがまたもや大きく下げ、558.72ドル安(24388.95ドル)となった上、中国が「米大使呼び『逮捕状撤回を』対抗措置も示唆」(NHKニュースWEB12月10日4時56分)などと伝えられ、米中貿易への影響に懸念が出ている。(HC)

【どう見るこの相場】残り少ない「戌年」はスルーして来年の干支の「亥年」を先取り新森林管理システム関連株にチャレンジ
 師走相場は、わずか1週間で早くも大勢が決したようである。12月1日の米中首脳会談のあとに、トランプ大統領が、自らを「タリフ・マン(関税マン)」と呼び、「メイク アメリカ リッチ アゲイン(米国を再び豊かにする)」とツイートし、返す刀で同日に中国の通信機器大手・華為技術の副会長を逮捕したと5日に明らかにするに及んでは、「そこまでやるか!」とショックを受けないのがおかしく、米中貿易戦争の帰趨のシナリオを頭に浮かべた投資家も多いはずだ。「取引(ディール)」を迫られた習近平国家主席..

カナモトの18年10月期連結業績は建設機械のレンタル需要が底堅く推移したことで増収増益
■中古建機販売は、中国、東南アジアでの需要増加により価格が上昇 カナモト<9678>(東1)の18年10月期連結業績は建設機械のレンタル需要が底堅く推移したことで増収増益となった。 18年10月期連結業績は、売上高1681億88百万円(前年度比6.2%増)、営業利益175億99百万円(同5.6%増)、経常利益179億25百万円(同4.3%増)、純利益118億57百万円(同10.4%増)であった。 配当については、業績が堅調であったことから年間配当60円と10円の増配となった。..

JPホールディングスは「平成30年度東京都スポーツ推進企業」に2年連続で認定
 JPホールディングス<2749>(東1)は、「東京都スポーツ推進企業認定制度」で、「平成30年度東京都スポーツ推進企業」に2年連続で認定された。 「東京都スポーツ推進企業認定制度」は、東京都が2020年に向けて「スポーツ都市東京」を実現することを目的に、社員のスポーツ活動を推進する取り組みや、スポーツ分野における社会貢献活動を実施している企業等を認定しているもので、平成27年度から実施している。今年度は、同社を含む264社が認定された。 同社グループの日本保育サービスでは、..

寿スピリッツの「ルタオ」ブランドのチーズケーキがYahoo!検索大賞2018で2年連続のお取り寄せ部門賞を受賞
■ルタオ創業当時から人気の高いチーズケーキ 寿スピリッツ<2222>(東1)の子会社ケイシイシイの「ルタオ」ブランドのチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」がYahoo!検索大賞2018で2年連続のお取り寄せ部門賞を受賞した。 ルタオ創業当時から人気の高いチーズケーキで、上層はやわらかな口当たりのレアチーズケーキ、下層はしっかりとしたコクを感じるベイクドチーズからなる2層仕立てとなっている。 1998年の発売開始から累計で2000万台以上を販売している。近年では、国内だけでな..

アジャイルメディア・ネットワークは底打ち期待
 アジャイルメディア・ネットワーク<6573>(東マ)は企業プロモーション向けに「アンバサダープログラム」を提供している。18年12月期大幅増収増益予想である。株価はIPO直後の高値からほぼ4分の1の水準で底値圏だろう。底打ちを期待したい。■「アンバサダープログラム」を提供 18年3月東証マザーズに新規上場した。好きな企業やブランドの魅力を自発的に口コミで身近な人に伝えるファンをアンバサダー(大使)と定義し、企業のプロモーション向けにソーシャルメディアや体験を通じてアンバサダ..

ソフトクリエイトホールディングスは戻り高値圏、19年3月期利益横ばい予想だが上振れの可能性
 ソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)は、ECサイト構築ソフトや不正接続防止製品を主力としてソリューション事業を展開している。19年3月期のれん償却負担で利益横ばい予想だが、上振れの可能性が高いだろう。株価は戻り高値圏だ。好業績や自己株式取得を評価して上値を試す展開を期待したい。■ECサイト構築ソフトと不正接続防止製品が主力 ECソリューション事業(ECサイト構築パッケージソフト「ecbeing」の販売・保守から、ECサイト構築・運用支援、データセンターでのホ..

インテージホールディングスは下値切り上げ、19年3月期営業増益・増配予想
 インテージホールディングス<4326>(東1)は市場調査事業を主力として、システムソリューション分野や医薬情報分野にも展開している。19年3月期は営業増益予想、6期連続増配予想である。株価は10月の年初来安値から下値を切り上げている。出直りを期待したい。■国内首位の市場調査が主力 子会社インテージのSCI(全国個人消費者パネル調査)やi−SSP(インテージシングルソースパネル)など、国内首位・世界10位(GRBN 2018 Global Top25 Report)の市場調査..

フォーカスシステムズは自律調整一巡して上値試す、19年3月期増収・営業増益予想で上振れの可能性
 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は、公共関連・民間関連のシステム構築・保守・運用を主力として、セキュリティ機器関連事業も展開している。19年3月期増収・営業増益予想である。第2四半期累計が大幅増益であり、通期予想は上振れの可能性が高いだろう。株価は11月の年初来高値から反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開を期待したい。■システム構築・保守・運用を主力としてセキュリティ機器関連事業も展開 公共関連・民間関連のシステム構築・保守・運用・管理サービスを主力として、セ..

クリーク・アンド・リバー社は10月の年初来高値試す、19年2月期増益・連続増配予想
 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。19年2月期はグループ拠点移転・統合関連費用を吸収して増益・連続増配予想である。株価は戻り高値圏だ。10月の年初来高値を試す展開を期待したい。■クリエイティブ分野中心にエージェンシー事業やプロデュース事業を展開 クリエイティブ分野(映画・TV番組・ゲーム・Web・広告・出版等の制作)で活躍するクリエ..

日本エンタープライズは下値切り上げ、19年5月期大幅増益予想で収益改善期待
 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、事業ポートフォリオを再構築して19年5月期大幅増益予想である。収益改善を期待したい。株価は上値の重い展開だが、7月の年初来安値を割り込むことなく、下値を徐々に切り上げている。出直りを期待したい。■事業ポートフォリオを再構築 クリエーション事業(交通情報、ライフスタイル、エンターテインメントなどのモバイルコンテンツをキャリアの定額制サービスで配信するコンテンツサービス、ビジネスサポートサービス、太陽光発電など)と、ソリューション事業..

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスは底打ち期待
 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス<6575>(東マ)は、人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を展開している。19年3月期増収増益予想である。株価は18年4月IPO時の高値からほぼ4分の1の水準で底値圏だろう。底打ちを期待したい。■人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を展開 18年4月東証マザーズに新規上場した。人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を展開している。 人材紹介事業は、特色のある事業会社3社が、ミドルマネジメント以上の人材紹介に特化して事業展開している。..

西本Wismettacホールディングスは下値切り上げ、18年12月期増収増益・増配予想
 西本Wismettacホールディングス<9260>(東1)は、世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業である。18年12月期増収増益・増配予想である。株価は上値の重い展開だが、一方で下値を徐々に切り上げている。出直りを期待したい。■世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業 世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業である。日本食をはじめとしたアジア食品・食材を北米中心に海外で販売するアジア食グローバル事業、青果物全般の国内販売・輸出・三国間貿易および水産品の国内販..



FXサバイバルくりっく365用語集最新情報  FXサバイバルくりっく365用語集TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け